フットサル評論家のサンパッチー二氏が独自の基準で選手たちを評価する


フットサル評論家のサンパッチー二氏が、独自の基準で選手を評価。好不調が不規則すぎるサンパチオの謎を追求する。

2012年5月6日(小金井体育館) VS 情熱ロンリネス ×2-8

監督:高志
CAP:
選手:大輔・べに・雅己・しゅく・慧・聡史・ぐっけ・周平・本ちゃん・隆嗣・はぎ・高志
先発:大輔・べに・雅己・しゅく・慧
サポーター:聡史家族、しょう、雄一

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ):周平

 

5 6.0 BENI 5
出場時間が長くかなり活躍していたが、それよりも何よりもアゴが長かった。
5 6.0 MASAKI 3
くらやみ祭の騒音による疲労をものともしないSっ気たっぷりの豪快先制ゴール。
5 6.0 SHUKU 6
対人プレーに成長を感じる。もっと味方を活かす発想がほしい。
5 4.0 KEI 7
BRB対ディアボロのボールボーイの際にボールを入れるタイミングをミス。BRB大量点の勢いを妨げサンパチオを最下位にした。
5 clown-gl01_b_7.0 SHUHEY 12
オフ期間でコンディションを崩し昨シーズンの輝きが消えていたが監督夫妻にスペイン土産を贈る。
5 6.0 HONCHAN 22
この男がボールを持つとサンパチオの攻撃の形が生まれる印象。身長をもっと伸ばすべき。
5 5.0 HAGI 23
鉄砲玉のように果敢にドリブルするもファウルをとってもらえず&攻撃の切り札になれず。
5 5.0 DAISUKE 21
1アシストを記録したが、サイドカー協会での疲れが出ていた模様。日本にサイドカー利用者をふやしたい。
5 5.5 SATOSHI 8
途中出場しドリブル&キープで流れ作ったシーンあり。ベテランらしさ出てきたか。
5 5.0 TAKATSUGU 4
ばたついた展開を落ち着かせてほしかったが、調子に乗る前に不運の5ファウル。
5 6.0 TAKASHI 11
ぐっけを入れて先制点に結びつけたが、後半ふがいない選手たちを采配でフォローすることはあまりにも困難だった。

 

この日の一言
昨年フェアプレー賞に輝いたサンパチオが前後半ともに早い時間で5ファウル…。原因は審判かサンパチオか。 ベニの交代時のイエローは、どうしてもアゴが先にコートに入ってしまうため。 先発メンバーであり最も長くコートにいた雅己、べに、慧が試合後にオフィシャルでも活躍。

 

写真提供:東京都フットサル情報サイト【FutsalStyle】

 

[ad]
dalponte_a

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts