懲りずに?大川兄弟のお父様のジオラマ作品が第4回池袋鉄道模型芸術祭に昨年に引き続き出展されます!


原裕太氏の師匠かつ、エルマーズFCの代表かつ、サンパチオのファンである大川兄弟のお父様のジオラマ作品にサンパチオがコラボした「武蔵府中の鉄道立体2019」が、2019年3月23~24日に開催される「第4回池袋鉄道模型芸術祭」に出品されることが、分かった。見事、昨年に続いての連続出品だ。

 

池袋鉄道模型芸術祭は、鉄道模型界を代表するトップモデラーの作品が一堂に集結し、鉄道模型の面白さを知ってもらおうというイベント。どちらかというと鉄道マニア向け?のようにも思えるが、大人も子供も、ファミリーで楽しめるようだ。

昨年はサンパチオフットサルクラブ監督の木下氏やミスターサンパチオの高橋雄一氏も来場し、ハイレベルな鉄道模型を堪能していた。

 

今回の出品について、大川父は「毎度ありがとうございます。今回はモジュールがふえて、面積が倍になりました。北府中駅、東府中駅があります」とコメント。

また、高志は「みょうらいばしなど『ちはやふる』の千早たちが歩いた道も再現されています。映画『ちはやふる –結び-』の広瀬すずさんが今回こそ見に来てくれたら。。。」とコメント。

さらに木下監督は「とにかく細かいところまで凄いんですよね、見る価値はあると思います。昨年はわたし一人で行ったのですが今年は電車好きの息子を連れて行ってみようかなと思っています。」とコメント。

是非会場に足を運んで頂き、鉄道のロマンと楽しさを感じていただきたい。

 

◆開催日時
2019年3月23日(土)10時00分~18時00分
2019年3月24日(日)10時00分~17時00分

◆会場
東京芸術劇場 東京都豊島区西池袋1-8-1

◆アクセス
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線池袋駅西口より徒歩2分  池袋駅地下通路2b出口と直結 駐車場 周辺に多数あり。

◆入場料
当日500円(保護者同伴の小学生以下は無料)

◆主催
特定非営利活動法人 日本鉄道模型の会

 

昨年の様子をチラッと紹介!

 

海のある街(昭和鉄道高等学校交通資料館部)

 

NGP(アメリカン0ナロー)

 

ナローゲージ模型

 

昭和の鉄道風景

 

「千と千尋の神隠し」風ジオラマ

 

「風立ちぬ」風ジオラマ

 

千葉都市モノレール

 

缶ラマ(小さな缶のジオラマ)

 

これがレイアウト

 

レゴで作った鉄道模型

 

[ad]

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts

Facebookページでは、最新のお知らせやブログの更新情報などを配信しています。是非チェックしてください!