大人が大人げなくなる交流戦、ダウポンチ協賛「コパチオ2019」当日の様子


2019年3月10日(日)にフットサルステージにて開催されたこの時期の恒例行事、今回で5回目を数える大人が大人げなくなる交流戦、ダウポンチ協賛「コパチオ2019」を写真でざっくり振り返る。

 

サンパチオエンタテイメント、土屋考古学研究所、サンパチオフットサルクラブの3チームと、今年全日本フットサル選手権に出場したゾットの現役&OBメンバー清野フレンズの計4チームで、今年はフットサル(前後半)とレクリエーションの2種目の総合勝点で争われました。

 

開会式

 

司会進行のミスターサンパチオ高橋(左)とコパチオ実行委員長の紅谷(右)

 

大川会長の挨拶。のはずでしたが到着が遅れてしまったのでサンパチオエンタテイメント人事・広報担当の原が代行。

 

時間の都合上予定にはなかった選手宣誓でしたが、その場の雰囲気で安藤に無茶ぶり、突然の指名にもかかわらず見事な選手宣誓でした。

 

準備運動もそこそこに試合開始!

 

フットサル(前半)

4チームによる総当たり戦(試合時間は7分1本)

あまりにガチすぎて「いったん落ち着こう、もっと楽しく!」と場を和ませる一幕も。

 

①サンパチオエンタテイメント 0-1 清野フレンズ
②フットサルクラブ 1-2 土屋考古学研究所
③サンパチオエンタテイメント 0-4 フットサルクラブ
④清野フレンズ 3-1 土屋考古学研究所
⑤サンパチオエンタテイメント 3-2 土屋考古学研究所
⑥フットサルクラブ 1-1 清野フレンズ

1位 清野フレンズ(勝点7)
2位 フットサルクラブ(勝点4)
3位 サンパチオエンタテイメント(勝点3)
3位 土屋考古学研究所(勝点3)

 

レクリエーション

レクリエーションは、腕や手を使わずに体のどこかにくっつけながら二人で協力してボールを運ぶリレー、まずは高橋と紅谷がお手本を見せる。

若干引き気味の参加者たち

いざ始めてみるとこれが大盛り上がり!

ほとんどのペアがおなかにボールをくっつけ合って運ぶものの悪戦苦闘…

手を使ってないか?

そんな中、各チームアイデアを出し始める。

背中合わせで運ぶペア

おんぶで運ぶペア

お姫様だっこで運ぶペア

 

1位 土屋考古学研究所(勝点3)
2位 サンパチオエンタテイメント(勝点2)
3位 フットサルクラブ(勝点1)
4位 清野フレンズ(勝点0)

 

フットサル(後半)

4チームによる総当たり戦(試合時間は7分1本)

 

①サンパチオエンタテイメント 0-1 清野フレンズ
②フットサルクラブ 3-1 土屋考古学研究所
③サンパチオエンタテイメント 0-2 フットサルクラブ
④清野フレンズ 0-2 土屋考古学研究所
⑤サンパチオエンタテイメント 0-1 土屋考古学研究所
⑥フットサルクラブ 0-1 清野フレンズ

1位 清野フレンズ(勝点6)
1位 土屋考古学研究所(勝点6)
1位 フットサルクラブ(勝点6)
4位 サンパチオエンタテイメント(勝点0)

 

閉会式・表彰式

レクリエーションでは勝ち点を取ることができなかったもののフットサルでの強さを見せ、2種目の総合勝点で清野フレンズが見事初優勝!

1位 清野フレンズ(勝点13)
2位 土屋考古学研究所(勝点12)
3位 フットサルクラブ(勝点11)
4位 サンパチオエンタテイメント(勝点5)

 

個人賞(MVPと蟹丸賞)はDALPONTE(ダウポンチ)を販売している会社の代表取締役清野さんが総なめし、DALPONTE商品をお持ち帰りになったとかならなかったとか、笑。

 

改めて皆様ご参加頂きありがとうございました!

 

[ad]

ブラジル発のフットサルブランドダウポンチ(DalPonte)日本を始めとする世界20カ国以上に輸出販売を行っており世界中のファンを魅了し続けている。

スポンサードリンク

Recent Posts

Facebookページでは、最新のお知らせやブログの更新情報などを配信しています。是非チェックしてください!